上昇気流に包まれて

ハンドランチグライダーをメインにラジコンやその他管理人の趣味について気楽に綴って行きます。
CALENDAR
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
こだわり(ペグについて)
今回は、私が機体を製作する上での数少ないこだわり
ペグについてかなり個人的主観で述べてしまいます。

数あるペグの種類の中でも、私は板ペグを愛用しております。


板ペグでは少々名前が寂しいので、エアロペグと呼んでいます
(命名は心の同士"ウエノ"氏・・・勝手に心の同士と思っております)

何故、エアロペグなのでしょう?

答えは簡単"投げやすいから"です。
私の好みは、適度に指に貼り付き且つリリース時には素直に抜けてくれるペグです。
当然の様にペグの位置が重要なのは言うまでもありません。

過去に棒状のペグも試しましたが、ペグを中心に機体が回転しやすいのと、
リリース直前に指に食い込む感覚が個人的には"×"です。
(棒ペグ愛用の方には申し訳ないですが・・・)

又、同じ様なエアロペグを採用している機体でも
私の感覚上"これは良い"と思えるペグには中々出会えません。

指が"引っかかる感じ"や"抜ける感じ"又は"痛い"など、
こういった違和感を覚えるペグでは気持ち良く投げられませんし、
獲得高度も実際問題として低くなりがちです。

これは逆に言うと"良く出来たペグはランチが高くなる可能性を持つ"と言えるかも知れません。
"良く出来たペグ"は機体に余計なストレスをかけること無くランチが出来るので、
結果として高いランチが出来るという事になると考えております。
投げる方にしても極力ストレスを掛けないランチを行うことが重要です。
これらの主張は私の主観で一般論では無いので、そこは間違えないでくださいね。

私の機体を見る機会があれば、こだわりのペグを見てやって下さい。


| rcroom567 | 製作 | 00:30 | comments(4) | trackbacks(0) |

コメント
茨城でDLGにはまっている者ですが、棒ペグが使いづらく悩んでおります。エアロペグを試してみたいのですが制作のコツ、素材の入手先等ご教授いただけませんでしょうか。よろしくお願いします。機体はソフィアDLGです。
| 誠太郎 | 2008/03/02 6:13 AM |

>誠太郎さん
言葉だけでは難しいので、近日中に制作方法をUPします。
しばらくお待ちくださいませ
| ヨシダ | 2008/03/02 9:25 AM |

こんにちは〜。
静岡SFCのサイトーです。
このペグ良さそうですね!工作も簡単そうだし。
早速これで仕上げてみます。
| haya3 | 2008/03/06 8:13 AM |

サイトーさん
毎年静岡HLG大会ではお世話になっております。
エアロペグの製作は実に簡単ですし、
ミニクラス〜フルサイズ機までほぼ同じ構造で使えます。
是非お試しください。
| ヨシダ@兵庫 | 2008/03/07 11:24 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rcroom567.blog.bai.ne.jp/trackback/120388
トラックバック