上昇気流に包まれて

ハンドランチグライダーをメインにラジコンやその他管理人の趣味について気楽に綴って行きます。
CALENDAR
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
SD-10Gレポート
先週のるうむカップで実践投入したサンワさんの最新プロポ「SD-10G」のレポートです。
今回は、デザインなど外観に関する部分です。

まず、それまで愛用していたRD6000との比較です。

最新高級プロポらしいデザインでRDと比較すると少し大きいです。

私はハンドランチ専門ですので、プロポのグリップ感というか、
持った時の感触が結構重要なポイントになります。

では、実際どうなのか?と言うことですが、RDと比較すると少し分厚いです。

おまけにディスプレイ上にある出っ張りが少し邪魔に感じます。


ちなみにランチの時は、下の写真の様にスティックの下に指を添えて、
プロポをしっかりと握りつつもエレベーター操作が出来るようにしますが、
RDと比較するとスティック基部が奥まっているので最初違和感を感じました。

まぁ慣れれば殆ど気にならないレベルですので、心配は無用です。

ランチ時にプロポをしっかり持つ為にスティック横にホールド用の出っ張りを
作るのも一つの方法ですがボク的には作るのも面倒です。
ランチ直後は何が起こるかわかりませんのですぐにエレベーター操作出来な
いと言うのもイヤですしね。
ランチ時にはスティックの下を持つ!というのはハンドランチをする上で
重要なポイントになると思うのですが、あくまで自論です・・・

すこし話がそれましたが、SDには色々な便利機能があります。

すこしだけ紹介しますとダイレクトモデルセレクトがあります。

3つまで登録することが出来、ボタンを押しながらSWを入れると
ボタンに登録したモデルが自動で呼び出せます。
例えばF3Kなどで競技中に機体を変更する際など、この機能を使えば
すぐにモデルを呼び出すことが出来るので、モデル間違いなどのトラブル防止になります。
なによりメニューからモデルセレクトを呼び出して・・・という手順が不要です。
他のプロポにもこんな機能があるんでしょうか?RDしか知らなかった僕はわかりませんが・・・


それと、SD−10Gってニョキニョキっとアンテナが伸びるんです。


電波状況が悪いときなどに伸ばすと良いらしいですが、
ハンドランチで使用する分には伸ばす必要は感じませんでした。
ハンドランチの限界距離・・・機体が豆粒程の大きさまで離しても問題なしです。

次回は・・・便利機能についてもう少し紹介したいと思います。
それともハンドランチ用の設定一部公開の方がええんかな?になる予定です。
そんな訳で第1回目のレポートはこれにて終了!
| rcroom567 | その他 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rcroom567.blog.bai.ne.jp/trackback/152788
トラックバック