上昇気流に包まれて

ハンドランチグライダーをメインにラジコンやその他管理人の趣味について気楽に綴って行きます。
CALENDAR
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
ラジコン熱復活の兆し
タイトル通りなんですが、最近ラジコン熱が復活しつつあります。

キッカケは前回記事にした、フィゼラーシュトリヒちゃんなんですが、
普通に飛ばしているだけで、なんか楽しいです。


そういえば先日某町長と久しぶりに勝負しました。
お互いに久しぶりにハンドランチを飛ばすのでいい勝負でした。
(結果は某町長の名誉の為に伏せておきます)

で、その帰り際に「これ飛ぶ様にしといて・・・」とお預かりしたのがコレです。

DURAFLYのDH100VAMPIERです(綴り合ってるかな?)
電動リトラクトギア付きのEDFです。

飛ぶように・・・とのお達しなので、とりあえずテストフライトも必要です。
でも4セルのダクト機とか飛ばした事無いので、結構緊張しました。

で、数フライト試しに飛ばしてみましたが、これいい機体です。
飛びはすごい素直で、空気に良く張り付くというか、とにかく良く飛びます。
フルスロットルは結構速いし、スローでも良く浮きます。
ダクト機なので抵抗が少ないのでしょうか?
そのお陰で着陸は結構低空侵入させる必要がありますが、
速度を殺し過ぎなければ、それほど修正舵は必要なく、
着陸も比較的安易です。

そうそう、着陸といえば、私のシュトルヒちゃんも少し改造しました。
メインギアにサスペンションが付きました。


ストロークは≒20mmとこのサイズの機体には十分な量です。
このサスペンションのお陰で、着陸が楽しく、最近はいかに短距離で離着陸出来るか?
っていう事をして遊んでます。

アラスカで実機がSTOLの競技会をやってますよね?
あれをラジコンでみんなでやっても楽しいんじゃないかな?って思います。

パターン競技みたいに主観判定じゃなく、グライダー同様に主観要素が入らないので公平性が保たれますし、
必要なのは、メジャーだけですから簡単に競技が出来ますね。

ラジコンでやる分には、離着陸の距離を競うので直ぐ目の前で見れるのと
速度も遅いので危険が少ないですね。

だれか一緒にやりませんか?

| rcroom567 | フライトログ | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rcroom567.blog.bai.ne.jp/trackback/212663
トラックバック