上昇気流に包まれて

ハンドランチグライダーをメインにラジコンやその他管理人の趣味について気楽に綴って行きます。
CALENDAR
<< July 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
血豆な思い出
先日の日記の「それこそ指先に血豆が出来るまで練習したんです」に質問がきちゃいました。

まぁ決して冗談やネタではないので簡単に説明します。

今ではDLGの発航デバイスは”ペグ”が一般的です。

形は丸棒ペグや板ペグなど様々ですが、どれも指に引っ掛けるという方法です。

このペグが一般化する前は、グリップタイプのモノもありました。

これは翼端を上下から挟む方式で、引っ掛けは上面のみしかありません。
血豆が出来たのはこのグリップタイプでした。

高く投げたい一心で時間さえあれば投げまくってました。
当然グリップタイプですから指先で強く主翼を掴む訳で、リリース時には指先を強く擦ってしまうんですね。
すると、出来ちゃう訳ですよ、血豆ちゃんが・・・

このグリップタイプはラダー機で重量が軽い機体(DL-X)には有効でしたが、
その後機体の大型化(DL-Xはスパン1300mmでした)や4サーボ化で重量が増えてくると
グリップ方式ではスッポ抜けがおきる為、ペグ方式に移行しました。

ペグに移行してからは血豆とは無縁です。
そういう意味ではペグ方式は指先に優しいのかも知れません。

ちなみに私の理想とするペグは
「ランチ時にしっかりと力が掛かり、しかも痛くなくスムーズに指離れする」というものです。

私の機体は、これを目指してペグの調整をしてます。

投げにくいとか、ランチが上がらないというのは投げ方だけじゃなく、
ペグそのものの位置や形状に問題がある場合もあります。

私の失敗例を挙げますと、ペグが少し前よりだった為、左に巻き込むことがありました。
ペグを5mm後退させることで解消出来ました。
(あくまでも私の場合です、他の方に通用しないかも知れません)

という訳で、血豆が出来るくらい練習したのは確かですが、
発航デバイスの形式の違いによるものなので、ペグ方式には通用しませんね。

でも、ランチの練習というのであれば、先ずネット上の動画で高いランチをする方の投げ方を良く観察します。
ここで見て欲しいのは、助走や足の運び方ではなくリリース前の半回転の部分です。
ランチの高い方たちの殆どは、体が正面を向いても腕はまだ後ろ側にあるハズです。
その後、体の回転を止めた状態で腕を前に振り抜いてランチしてます。
いわゆるタメを作るというのがポイントの様です。

助走や足の運びは、最後の半回転でタメを作るために必然的にそういう足運びになっているだけです。
極端な話、助走は一歩も要らないという方も居られます。
ランチ前にダダーッ!!と走る人も居ますが、それもアリです。
自分が投げやすくタメが作れれば何でもアリです。

文章で書くのが苦手で判りにくい、ダラダラした内容で申し訳ないです。
| rcroom567 | その他 | 22:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
久しぶりに単車ネタ
昨年導入した我がGS 1年と少しでここまで来ました。

丁度キリを良くしようと通勤帰りに調整したのですが少し足りませんでした。
まぁ逆にこの方が良かったりして・・・んな訳ないか・・・

国産ではこの辺りまでが美味しい所であとは消耗して低下する一方とどこかの雑誌で読んだ記憶があります。
ですが、BMWはここからが本領発揮というか1万までが慣らしという様な記事もどこかの雑誌で読みました。

これからが楽しみです。(今までも十分楽しみましたけど)

そういえば、昨日は鈴鹿8耐でしたね。
昔から好きだったヨシムラが2年ぶりに優勝して嬉しかったです。
古い話ですが、90〜94年頃は8耐観戦に行ってました。
シュワンツ見たさだったり、気になっていた単車見たさだったりと理由はさまざまですが、
生で見る迫力はTVじゃ伝わらないと実感しました。
8耐は観戦する方も耐久でしたけど・・・危うく熱中症になりかけました。

ともかく、ハンドランチでもネットとかで見る動画よりも生で見た方が得るものが多いのと一緒ですね。

最後にレースネタをもう一つ・・・
MOTOGPとSBKをCS放送で見ましたが、個人的にはやはりSBKの方が面白かったです。

BMWも参戦してますし、2ヒート制で1ヒートが短くてよいです。
MOTOGPは3クラス見るのにゴッツイ時間かかって途中で飽きちゃいます。
| rcroom567 | BIKE | 20:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
ちょっと考え事・・・というか提案?
先週のカップは疲れました。

それにしても皆さんレベルが高くって困りモンです。
ついにファイナリストから引き摺り下ろされました。

まぁそんな事はどうでもエエんですが(本当はちょっと落ち込んでたりして・・・)
今後のカップ開催について少し思う所があったので個人的にルール変更案を考えてみました。
あくまでも私個人の意見ですので賛否両論あると思います。

-----------るうむカップルール変更(私案)------------

1)場外に対する減点の拡大(20→60点)
  場外〜回収による競技延滞の防止が主な理由です。
 (場外を回避する為には低空コントロール技術向上と状況に応じた流し方が必要ですね)

2)エリア変更の禁止(常時、道〜山方面は禁止エリア)  
  競技者・ジャッジ等の混乱の防止、および山スロープの排除が理由です。
  空域は狭くなりますが、純粋なサーマル勝負には山スロープは不要です。
  特に競技中にエリアを変えるのは止めて欲しいです。
  禁止エリアなしと決めたら最後まで通す、ダメなら最初からダメで通す。

大きくは以上の2点です。

あと、永遠の課題である”代投”についても考えてみましたが、
どうせ却下されるのが目に見えているので私案には織り込みませんでした。
(以下はただの愚痴だと思っていただいて構いません)

勝負である以上、誰よりも高いランチ高度を得たいと思うのはよく理解出来ます。
しかしだからと言って、自分で投げられるのに人に頼むのはどうかと思うわけです。

こう思うのは、自分がそこそこ投げられる部類に入るから、
高く投げたくても投げられない人の気持ちが分からないだけじゃ無いのか?と思うこともあります。
でも、私も最初からそこそこ投げられたわけぢゃ有りません。
それこそ指先に血豆が出来るまで練習したんです。
それを皆にもして欲しいとは思いませんが、ランチも技術です。
そこを人頼みにしてて良いのか?という事です。

誰しも運動能力に差はありますし、加齢に伴う身体能力の低下もあります。
元々公平な条件でなんて勝負は出来ないのですからランチは自分で・・・というのが私の考えです。
ただ、どうしても投げられないという人もいますから、
代投は良識の範囲でという事でお願いしたいのですが、どうですかね?

あ〜あと、これは本当に個人的な事なんですが・・・
たまには誰かメインジャッジしてくれませんかねぇ〜
あそこに居ると他の参加者たちと触れ合う時間が無いんですよ〜
それに色々と忙しく、自分の競技に集中出来ません(おっ?言い訳か?)
| rcroom567 | 競技会 | 22:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
33回るうむカップ開催しました
かなり危うい天候の中、無事に33回るうむカップを開催することが出来ました。

今回、北は北海道、南は九州と色々な方が参加されてました。
その数・・・なんと36名・・・


途中雨が降ったり、強風が吹き荒れたりと近年まれに見る難しいコンディションでした。


そんな過酷なコンディションを戦い抜き決勝に進出したのはこの8名


決勝は見ごたえありました、MAX連発の最後の秒合わせの勝負です。
出来れば私もその仲間に入りたかったのですが、今回は予選落ちです。
完全に自滅です、サーマルに乗り切れません。外してばっかりです。
まぁこんな時もあるでしょう、ていうかみんな上手すぎです。

そんなへたれなボクの事はさておき、入賞者は下の3名です。

おめでとう御座います、さすがですね・・・

今回の大会で、個人的に色々と思うことがありましたので、
次回に大会に少しでも反映してみたいと思います。

あっ、そうそう 無事に最後まで競技が出来たのはテルテルちゃんのお陰かな?


| rcroom567 | 競技会 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
週末は大会ですねぇ
いよいよ週末に迫った33回るうむカップですが、いつもながら何の準備もしてません。
別に大会をなめてるわけぢゃ有りません、普段通りが良いんです。
余計な気合は空回りの元だと勝手に思っておりますです。 ハイ

でも、この時期の大会は、なんせ暑いです。汗だらだらです。
熱中症対策、および水分補給の準備だけはしっかりとしておきましょう。

・・・たしか、この時期は暑くてしんどいからヤメたハズなんですが、復活しちゃいましたね・・・

皆さんそれだけ戦うのが好きなんですね! 頭が下がる思いです。
| rcroom567 | 競技会 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
新型7ch受信機
サンワのSD-10Gに新しい7ch受信機が出ました。


重量も8.8gと軽くサイズもハンドランチに丁度良いです。

しかもケースを外すと6.9gとなり、薄くなるので搭載場所に困りません。


ハンドランチのように一度に多数の人数が飛ばす場合に2.4Gは都合が良いです。
逆に一人づつしか飛ばさない場合は2.4Gは不要かも知れませんね。

なんにせよ、良い時代になったものです。
しかし、先行モニター品なので説明書が英語です。
全く判らない訳でもありませんが、もう少し語学勉強が必要です。

正式リリース版はちゃんと日本語説明が付くそうなので安心ですね
| rcroom567 | その他 | 18:07 | comments(1) | trackbacks(0) |