上昇気流に包まれて

ハンドランチグライダーをメインにラジコンやその他管理人の趣味について気楽に綴って行きます。
CALENDAR
<< November 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
色々と・・・
さてさて、前回の更新で最終回?を迎えた空撮機4号機ミニのテストをしてきました。

自分のプロポを握るのは・・・何時以来だろう・・・随分と久しぶりな気がします。
それはさて置き、テスト結果ですが・・・うん!上反角が足りねぇ〜orz
舵の反応も悪くは無いけど、良いとも言い切れないというかクセが悪いです。
という事で、綺麗な翼をざっくりぶった切って上半角を増やしました。
再テストの結果は・・・随分良くなりました。
で、肝心のブレーキは・・・すこぶる快調に効きます。ってか効きすぎ?
ブレーキ出してフルスロットルで水平飛行させると歩く程度のスピードです。
これ水上機にすると着水で失敗しそうにありません。
あっ!いらん欲が出そう・・・いやいや水上機は作りませんけどね。

そこそこのテスト結果が出た快晴の土曜日
姫路でF3Jの選手権をやってるようなので、見てきましたよ。


お久しぶりにお会いする方ばかりで「あ〜ラジコンの世界に帰って来たな」と実感します。
まだ、ハンドランチに復活するのは少し先になりそうですが・・・
だって、投げられないんだもん、久しぶりに投げると足はもつれそうになるし
腰が”グキッ”ってなるし・・・あははは、完全に運動不足です。
もうちょっと体を動かして、以前のようなランチが取り戻せるようにならないと、話にならない状態です。

そうそう、選手権会場へのアクセス路・・・フラットダートで面白かったです。

短いながらも、久しぶりのダートはワクワクしますね。
後輩その他林道に行ってみたいというバイク仲間の声もありますし、
バイク熱は当然冷めることは有りませんが、ラジコンにも少しづつ復活したいと思う今日この頃です。

と、いう事はそろそろカップ?
某RC誌には12月8日って日程が掲載されてましたけど、
今から募集かけても、人が集まらない可能性が高いし
私自身、競技会開催する余力がありません・・・
てか、カップって私が企画するもんじゃないですよね?
えっ?私??うそ〜ん
まぁやるにしても来年です、来年!3月くらい!!でどうですか?
さぁ、事務局幹事に立候補する方大歓迎です。




| rcroom567 | - | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
空撮機を作ろう6
意外と続けることが出来たこのシリーズもいよいよ大詰めです。

フィルム貼りとリンケージが完了しました。・・・って完成やん!

という事で、4号機テスト用ミニサイズの雄姿をご覧下さい。

メカは何か良く判らないARF機から拝借したブラスレスと
いつかハンドランチで使おうと思っていたデジタルサーボ(HB202)
う〜ん、このサイズにこのサーボは勿体無いというか大きかった・・・
まぁなんとか内部に収まったので良しとしましょう。
てか、収まるように胴体を作り直したんですけどね。

バッテリー(7.4Vリポ)を含めた全備重量は172gです。

スパン1mの機体なので・・・翼面荷重は≒18gです。
重いのか軽いのかよく判りませんが、飛ぶはずです。

ちなみに空撮用ですからカメラも積みます。
ホビキンの空撮用カメラ(HDWingCAM:35g)です。
これを搭載した装備重量は210gですから余裕ですね。


勿論フラップはブレーキとして90°まで下がります。
効くかどうかはテストしてのお楽しみです。

久しぶりに自分用の機体を作り、早く飛ばしたい気持ちになりました。
腕が鈍っているのでいきなり落としたら・・・立ち直れないかも・・・

| rcroom567 | 製作 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
空撮機を作ろう5
先日ほぼ完成状態になりましたが・・・

メカはマイクロペッパー方式でギリギリ乗ったので、これで一気に完成!と行こうと思いましたが、

やはりデザインがイマイチでした・・・というか小型機でしかもバルサでは曲線を多用したデザインは再現困難です。
(単に私の技術力が足りてないだけなんですけど・・・)
おまけにカメラ搭載を考えたデザインだった割りに上面を丸胴にしたので、
一番重要なテーマであるカメラが安定して積めない事に気付きました。
・・・中翼スタイルを狙ったんだけどなぁ〜・・・上手いことバルサが局面に馴染まないんだよなぁ〜

まぁ、今回は4号機テスト用なので、もう一つの胴体プランで作り直すことにしました。

で、出来たのがコレ!

途中の写真を撮るのをすっかり忘れておりました。
今回サーボを、主翼支柱?部分に入れる事で胴体ポッド部分はスペースに余裕があります。

又ポッド部分も高さを抑え、幅を広くすることでカメラ搭載スペースを確保してます。
やっぱり、空撮機の機能を優先すればこっちのデザインですね〜
ちなみにアンプは冷却を考慮しモーターポッド内に設置してます。

今度こそほぼ完成です。


ここまで形にはなりましたが・・・小型機ゆえここから先の作業はパズル状態です。
主翼を取り外し式にしたかったのですが、フラップ用のサーボを胴体(主翼支柱部分)に搭載した為、
フラップの糸引きリンケージを、ワンタッチで外す方法が採用出来ません。
出来ないのは技術的な問題では有りません、物理的なスペースが無いのです。
本番の大型サイズなら問題ありませんし、翼内サーボにする予定なのでリンケージを外す必要もありません。

小型なので主翼は固定でも問題ありませんが、フラップリンケージをしながら、
主翼の固定をする必要があるので、順番を良く考えないと、リンケージが出来なくなります。
フラップが無ければ、主翼も取り外し式に出来るのですが・・・
小型機でも、あのブレーキは欲しいです。効くかどうかしらんけど

まぁ悩みながら作るのも、楽しいもんです。ボケ防止にもなるし・・・

あっ!フラップ用サーボは主翼側から支柱を出して、そこに入れればよかったんだ!
と、この記事を書きながら思いつきました。(もう遅い!)
そうすりゃ、主翼も支柱を印籠方式にしておけば、ピン1本で固定出来たのに・・・

もう1回作り直す?いやいや面倒くさいので、やりません。
本番の4号機で試す可能性はありますが・・・
| rcroom567 | 製作 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) |